トラクターの買い替え

トラクターは、田や畑を耕すものです。農機具の中でも必要不可欠なものですし、ほとんどの農家が一台は所有しています。トラクターは、軽自動車と同じで系車両になりますので、圃場から圃場へと公道を通っていくこともできます。しかしながら、このように必要不可欠な農機具だからこそ、場合に応じて買い替えることも必要です。

トラクターにはいろいろなタイプのものがあります。馬力や大きさ、機能によって違いがありますので、その圃場に合わせた馬力のものを選ぶとよいでしょう。馬力が大きいほど大きな田畑を耕せるということになりますが、馬力が大きいからと言って機械も大きいとは限りません。特に新しいトラクターであればあるほど、同じパワーでありながらも小型化、軽量化されています。

トラクターの耐用年数は大変長く、一般的には1馬力100時間もの耐用時間があると言われています。手入れをこまめに行うとそれ以上持ちます。そのため、トラクターにおいてはなかなか買い替えには進みにくいものです。ですが、このようなトラクターであっても買い替えたほうが良いタイミングがあります。トラクターは圃場の面積によりその馬力が決まっていますので、事情によって圃場が従来よりも狭くなったり広くなったりした時は、一つのトラクター買い替えのタイミングです。また、古くて部品が供給されなかったり故障して大きな修理が必要な場合は、買い替えたほうが経済的に良いこともあります。当サイトでは、トラクターの買い替えをお考えの方に役立つ情報を提供いたします。