トラクターの選び方

トラクターを買い替える理由はさまざまです。既に持っているトラクターが古くなったから買い替えたいという人や、圃場が狭くなったのでコンパクトなトラクターに買い替えたい、逆に圃場を増やしたためそれに対応できる馬力のある新しいトラクターを買いたいといった場合です。ほかにも、今現在のトラクターが故障していたり、部品が供給されていないくらい古いものだといった事情もあります。

買い替えに当たってトラクターを選ぶには、まず圃場の面積にあった馬力のものです。圃場が広いならば、馬力が大きいものが良いでしょう。トラクターには、2WDと4WDがありますが、水田を耕すのであれば、4WDのものが必須です。畑だけなら2WDでもよいでしょう。しかし、将来的に売りに出そうと思っているとき、ニーズがあるのは4WDのほうです。

有名なメーカーであるほうがよい、と思っている人もいるでしょうがメーカーが有名だからと言って特別優れているということではありません。実際に機能面や使い勝手を考えてから選ぶのが良いでしょう。特に、いろいろなメーカーがあって悩む場合は、近くに代理店があっていざ故障したときに修理対応ができるかどうかといった観点からも機種選びを考えるとよいです。

不要なトラクター

買い替えに当たって問題になるのが、不要なトラクターをどうするかということです。不要なトラクターに関していえば、新たに買った購入店に引き取ってもらう、もともとそのトラクターを買った購入店に引き取ってもらうという方法が一般的に思い浮かびます。

しかしながら新しい農機具の販売をしているところは、中古の農機具の流通に関して不慣れなところも少なくありません。このようなときに活躍するのが、農機具買取の専門店です。不要になった農機具は農機具買取の専門店に買取をお願いすることによって高値で買い取ってもらえることがあります。

トラクターは、農業をする人ですと誰もが使用する農機具と言っても過言ではありません。そのため、中古トラクターのニーズもかなり高まってきています。特に発展途上国においては、日本製の農機具はとても優秀であると評価されており、年次のいったものでも買い取り手がつくことが多いです。さらに、最近少しずつ増えつつある新規就農者の間では、新車のトラクターは高いので中古のトラクターを買う人も少なくありません。そのため、中古のトラクター専門店なら高く買い取ってくれるのです。また、少々の故障であっても、直せば売れるということから、買い替え前のトラクターを処分するのにふさわしい方法です。

トラクターの買い替え

トラクターは、田や畑を耕すものです。農機具の中でも必要不可欠なものですし、ほとんどの農家が一台は所有しています。トラクターは、軽自動車と同じで系車両になりますので、圃場から圃場へと公道を通っていくこともできます。しかしながら、このように必要不可欠な農機具だからこそ、場合に応じて買い替えることも必要です。

トラクターにはいろいろなタイプのものがあります。馬力や大きさ、機能によって違いがありますので、その圃場に合わせた馬力のものを選ぶとよいでしょう。馬力が大きいほど大きな田畑を耕せるということになりますが、馬力が大きいからと言って機械も大きいとは限りません。特に新しいトラクターであればあるほど、同じパワーでありながらも小型化、軽量化されています。

トラクターの耐用年数は大変長く、一般的には1馬力100時間もの耐用時間があると言われています。手入れをこまめに行うとそれ以上持ちます。そのため、トラクターにおいてはなかなか買い替えには進みにくいものです。ですが、このようなトラクターであっても買い替えたほうが良いタイミングがあります。トラクターは圃場の面積によりその馬力が決まっていますので、事情によって圃場が従来よりも狭くなったり広くなったりした時は、一つのトラクター買い替えのタイミングです。また、古くて部品が供給されなかったり故障して大きな修理が必要な場合は、買い替えたほうが経済的に良いこともあります。当サイトでは、トラクターの買い替えをお考えの方に役立つ情報を提供いたします。